2017山旅人高千穂ガイド千秋楽ツアー出雲の国 Vol.2 Day1

さー今日から千秋楽・第二便目!
出雲の国の山に登り、出雲大社に参拝へ行き、出雲のご飯食べて、出雲の秘湯へ泊まり、出雲の注連縄作り 〜 with 出雲出身スタッフと共に〜

今回のゲストは白神山地ガイドの斎藤栄作美さんです。

両隣の外国人さんよりきっぷ買うのに戸惑っている斎藤栄作美さんがウケる

出雲の国に着くやいなや!
何が起こったかと言うと!

津森夫人と津森ガールの二大美女

山旅人スタッフ津森くんの奥さんと娘さん(長女)がバスに乗ってきて、ドジョウすくいの顔で皆さんをお出迎え〜。
演出が凝っています。

出雲国の東玄関口となる東出雲へ。
着後、おちらと村にて地元の野菜をふんだんに使ったお弁当をいただきました。

何回食べても美味しい!
ここは有名な干し柿の産地。

今日は雨&風少々(泣)
さて、今日は京羅木山(きょうらぎさん)登山!!の予定
ですがー

雨も降っていて、めちゃ寒いから・・・・・・・・
観光に変更。

黄泉比良坂(ヨモツヒラサカ)
日本神話において、生者の住む現世と死者の住む他界(黄泉)との境目にあるとされる境界場所。

あらすじを紹介
男神・伊邪那岐(イザナギ)と一緒に国造りをしていた女神・伊邪那美(イザナミ)が亡くなり、悲しみ続けていたイザナギはイザナミに会いに他界(黄泉の国)に向かう決意をする。
イザナギは一緒に下界に帰ろうと切願し続けると、するとイザナミは黄泉の国の神々に相談してみるが、けして自分の姿を見ないでほしいと言って去る。なかなか戻ってこないイザナミに痺れを切らしたイザナギは、櫛の歯に火をつけて暗闇を照らしイザナミを探す。すると!イザナミの醜く腐った姿を見てしまう。怒ったイザナミは鬼女を使って、逃げるイザナギを追いかけるが、鬼女たちはイザナギが投げる葡萄や筍を食べるのに忙しく役に立たない。イザナミは代わりに雷神と鬼の軍団・黄泉軍を送りこむが、イザナギは黄泉比良坂まで逃げのび、そこにあった桃の木の実を投げて追手を退ける。
最後にイザナミ自身が追いかけてきたが、イザナギは千引(ちびき)の岩(動かすのに千人力を必要とするような巨石)を黄泉比良坂に置いて道を塞ぐ。
閉ざされたイザナミは怒って、毎日人を1000人殺してやると言い、イザナギは、それなら毎日1500人の子供が生まれるようにしようと返して、黄泉比良坂を後にしたという古事記。
残念ながらその塞がれた道はもう分かりませんでした(泣)

偶然の偶然だろうけど、この黄泉の国や黄泉比良坂を題材とした映画「DESTINY 鎌倉ものがたり」がなんと!このあとすぐの2017年12月9日全国東宝系公開なんです!
堺雅人×高畑充希の歳の差夫婦が贈る、かつて誰も観たことのないファンタジー超大作と噂の映画です。
是非観ててみてください。この先の世界(黄泉の国)から無事に帰って来れるのか〜!!!!!
なんか番宣になっちゃってるなー。
ちなみに私は出演なんてしていません。

観光を終え雲南へ。
なんか私は雲南というと中国の雲南省をすぐ思ってしまう(笑)
日本と中国で同じ地名の場所っていっぱいありそう。

秘湯の宿・海潮荘
どんどん出てくる海潮荘のご飯とお客さんからのビール(笑)
乾杯の音頭は〜 行事・斉藤栄作美さんより


山旅人旅行券! 100万円? 10万円? 1万円? 

第二便目もハズレくじなしの大抽選会です。

商品提供
Support by KEEN
Support by MONTURA
Support by SOTO
Support by SEALSKINZ
Support by COMO
ありがとうございます。

アラスカ・デナリ登頂報告会

遅くまでありがとうございました。

高千穂ガイドブログ

広告

巻機山登山1967m 日本百名山

新潟県と書こうと思ったが、巻機山は新潟県の南魚沼市と群馬県利根郡みなかみ町の県境。

5時に宿を出発。

朝食はお弁当にしてもらいました。

右の奥が巻機山。

今日のコースは
桜坂駐車場・・・井戸尾根ルート・・・・にせ巻機山・・・巻機山のピストンです。

難読山の名前がこの地図にもあります。

割引岳!

割引岳と書いて「わりめきだけ」と読む。
山頂に1等三角点がある山で、日本百名山ほどの人気はないが、よく登られる山の1つ。

今回ついでに足を延ばして〜の提案に誰も興味なし!(笑)

では、出発です。

桜坂登山口

どこからか福山雅治の歌が聞こえて来る〜。

揺れる木漏れ日〜♬
薫桜坂〜♪

30分ちょい歩いたところに3合5勺の標柱!

晴天〜!
6合目展望台からの景色
割引岳がみえています。

7合目より上は、ばっちり紅葉してきています!

紅葉のメカニズム?

🍁🍁🍁

巻機山の7合目です。

さー山頂部分見えてきた〜!

でもあれがニセ巻機山だー。

巻機山8合目

いやー七合目から八合目までが急登の連続で1時間近くかかってしまった。
ニセ巻機山はこの上だ〜!そこが九合目。
ガンバッ!ガンバっ!

稜線にでました。
馬蹄形にグルリと時計回りであの奥の巻機山山頂を目指します。
まだまだ遠い〜。

ニセ巻機山

ふーやっとニセ巻機山登頂!

もうここで良いかなと思ってしまう(笑)
てか、山の名前でかわいそうな山いくつかあるが。ここもその一つですねー。
勝手にニセとか付けられて(泣)
名前をマネてもパクってもない〜って言っています(笑)

でも麓から見るとこれが巻機山山頂と間違えられていたのだろう。

ここから下って避難小屋を通過して登り返して、

巻機山山頂!

これも場所的にはニセ山頂標識だけど(笑)

ここで、結構な人が引き返してる・・・・・・。
まーだめではないけど。

さらに木道を進むと

巻機山1967m登頂!!!!!

COMOパン with 高千穂ガイド

COMOパンいただきまーす

いやー素晴らしい天気だ!

 

山頂周辺は草紅葉がきれい!

登ってきたルートを振り返る。
9合目のニセ巻機山から上

 

山頂からの急な下りを下って、山頂方向をパシャリ。

 

登り約6時間そして下りは約4時間の計10時間コースでした。

巻機山登山記録
湯沢スキーハウス宿500発ーーー巻機山桜坂登山口(530/545)・・・三合目五勺(620)・・・4合目(637)・・・5合目(719/725)・・・六合目展望台(805/810)・・・七合目1564M(905/935)・・(急登)・・八合目1015/20・・・ニセ巻機山1861M(1050/1100)・・・(右)織姫の池・・・分岐1135・・・巻機山1967M(1145/1215)・・・ニセ巻機山1307/1312・・・⑧1329・・・⑦1356・・・⑥1430/1445・・・⑤1525・・・④1548・・・(3.5勺)1600・・・桜坂駐車場1625

登山口〜90分〜⑤〜40分〜⑥〜60分〜⑦〜75分〜⑨〜40分〜巻機山山頂

下山:
巻機山〜50分〜⑨〜45分〜⑦〜35分〜⑥〜40分〜⑤〜60分〜桜坂登山口着

登:行動/6時間 (歩行/5時間5分)

下:行動/4時間10分  (歩行/3時間50分)

 

湯沢スキーハウスに戻って、温泉入って
夕食だー!
あー腹減った〜。


昨日と全く違うメニューの夕食。
ミートローフがボリュームがっつり!
新米ご飯も①大盛&②大盛&③普通盛り(笑)

鶴齢

宿のオススメの地元新潟のお酒は?
鶴齢(カクレイ)

うっめー(喜)

やっぱり米どころだけあって酒がうまいっ。

明日は、苗場山だーぞー。

高千穂ガイドブログ

 

 

富士山撤退? 風速20m以上!(゜o゜;

宝永山荘を出発時には風が吹いています。

ここでこの風だと山頂は大変なことになっているだろうな(嫌)
天気は回復予報ですが。。。

ただ今4時。
プリンスルートへ出発。

すると、霧雨が降ってきました。
途中で雨具を装着して、歩き宝永火口へ。

火口に降りていくと風はなくなりました。
火山灰の登山道を一歩一歩ゆっくり登ります。

火口縁近くからまた風がビュービュー吹いてきました。

馬の背まで出るとまっすぐ歩けないほどの強風が吹き付けてきたので少し下ったところで休憩&待機。

20分ほど待ってみたが、風は全く収まらず・・・・・・。
この強風の中、ずーとじーとしているわけにも行かない。
低体温症にならないようにみんなにお湯を配る。
そのお湯すらまともに注げない。風で注ぎ口からの湯が飛んで行く。

御殿場ルートをこのまま登ることは、この風では無理と判断。

一旦、宝永山荘まで引き返して、その時の天気と風で要検討と案内。

プリンスルートは撤退することに決めました

ただ、宝永火口へ戻る馬の背へ登り上がる10mが大変でした。

突風でまっすぐどころか立ってることも困難。
体重が軽くて、荷物がない人だったら飛んで行っていたかも。
荷物があって良かった〜。

こんなに重たい荷物もってコレだけ前に傾いても倒れない!
すごい強風ってわかる一枚!
マイケル・ジャクソンより前傾姿勢。

高梨沙羅ちゃんのジャンプをイメージしてみた(笑)

 

 

宝永火口へ入ってしまえば、風は、無。

 

富士アザミ

花が大きくて重すぎて垂れる大きさ!

被り物富士山

無事、富士宮ルートとプリンスルートの合流地点富士宮6合目に戻ってきました。

 

戻り途中から風は、感じませんでした。
御殿場ルートの方はまだ強風かもしれませんが、こっち富士宮ルート側はいたって穏やか。
まー上部は分かりませんが、予報では回復する見込みなので、プリンスルートは撤退となりましたが、ここ富士宮ルートから再度富士山山頂を狙いましょう!

これが、楽しさをうたう旅番組だったら4時〜8時30分までの部分は、すべて映像的にカットされ、仕切り直しであたかもここから開始的な映像になるでしょうね(笑)

じゃー私達もそんな感じで行きますよ(笑)

これからスタートですよ(笑)今までは、なんかみんなで 風に吹き飛ばされてたという同じ夢を見ていましたということで(笑)

・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・

はーい、みなさんおはようございます。

昨日ここ、富士宮の6合目の宝永山荘に泊まって、今日はこれから富士宮ルートを登ります。

頑張って&歩き始めですから元気に行きましょう!

イエーイ!
スタートです。富士山登るぞ〜!

風がなくとても歩きやすい。(笑)

天気は完全に回復してきています。

 

御殿場ルートとはちがいゴツゴツした登山道がここ富士宮です。

コモのメロンパン

元祖7合目の山口山荘に到着。
さっきも7合目だったけど、さっきの小屋は新7合目のご来光館。
表記が似たり寄ったり(悩)
コモパンの中で私の一番の好物・メロンパンいただきまーす。

あっ!違った。一番好きなのは、この普通のメロンパンじゃなくて「小町シリーズのメロンパン」だった!
↓↓

この他の小町は、クリーム、おぐら、いちご、スィートポテト。
↓↓
https://www.comoshop.jp/item/index_4.html

雲海だー。
いい天気になりました。
8合目超えて、9合目へ!

着いたー。本日のお宿。万年雪山荘!
今日はこのままここに1泊。

 

夕食は、もちろんカレーです。
富士山の山小屋〜

反薄明光線が見られました!
超レアもの
デタ〜!!

くももくもくもく

夕日は拝めず・・・・
夕焼けはめっちゃきれいでした。

本日の元々の予定は、プリンスルート(御殿場ルート)を歩き山頂のお鉢を回って、富士山・最高地点・剣ヶ峰に登頂して富士宮ルートを下ってここ9合目の万年雪山荘に宿泊予定。

明日、早朝にスタートして富士宮ルートの山頂に立ちお鉢を回って剣ヶ峰へ。そしてまた富士宮ルートへ降りてきます。

早く寝なきゃ!

おやすみなさい

 

高千穂ガイドブログ

8月11日とは? 山の日! & My Birthday!!

4年前に制定されて、去年から導入された8月11日山の日(祝日)

実家が山の中の福岡県英彦山神社。
名前が山の名前
仕事が登山ガイド
誕生日が山の日

の高千穂有康です(笑)

今日は、山と渓谷社と好日山荘主催の山の日イベント

山モリフェス

http://www.yamakei-online.com/yk/yamamori/

が神奈川県・丹沢で行われました。

ピーチクとパーチクを頭にのせた「ヤーマン」がお出迎え。

 

コモ
コモパン

COMOパンのブース

隣には、山専門旅行社・トラベルギャラリーのブースもありました。

バテない山の歩き方と行動食
登山講座

バテない山の歩き方と行動食
講師:高千穂 有康

始まるよ〜!

高千穂有康講師
バテない山の歩き方と行動食

天気が悪く、参加者集まるか心配していましたが、
立ち見席続出!ってほど多くの方々が参加してくれました。

話し甲斐ある〜━━━━(゚∀゚)━━━━!!

 

もうこれで、皆さん明日からバテずに山登れますね!(笑)

高千穂ガイドブログ

デナリの装備行動食編 Denali Expedition 2017 Day11(天候待ち②・デナリC4(14200ft))

待機が決まっていたので、ゆっくり起床。
朝から雪が降っています。
まず、天気予報ボードを見にいきました。

雪ですでに字が消えかけてる〜😥

Today:Mostly Cloudy 20-15°(-10℃)。
50%Chance of snow 6~12インチ(9~30cm)
風:35mph(15m) ※歩行難~歩行不可
※ちなみにデナリキャンプ5の予報は、ー12°(-22℃)、風30~40mph(18m))
キャンプ5にいたらテント飛ばされる〜。

Tomorrow:曇りのち雪
Outlook:日曜〜月曜にかけて、低気圧ががっつり入ってくる(泣)
雪&強風と天気荒れます予報。

さー今日も強風

テントから出れそうもないので、

テント内で何しようかな?

おっ!そうだ
デナリキャンプ5と登頂日の装備チェックでもするかー。

まずは食料から!

デナリキャンプ5にての夕食
・アマノフーズのフリーズドライのビーフシチュー2袋とアゲナススープ。Mont-bellのアルファー米2食分。

登頂日の出発前食!
日清Cup Noodleのぶっこみ飯・カップヌードル味。と贅沢にアマノフーズのフリーズドライ牛とじ丼


デナリ登山の行動食(登頂用編)
尾西のアルファー米・赤飯とふりかけと干し梅干し(成田空港であっ!梅干し忘れたーとゲート近くのショップで見つけた高級干し梅)とおにぎり味のり。

1gでも軽く

高所用パッキング!無駄な袋や、精密に分量を計算して分ける。
変わらんやーん!って?乾燥剤とかも重たいと思ってしまう高度(笑)
気持ち的の問題もあります。


補助行動食もいっぱい持って上がっています。
しかも今食べながら、選定中。
①C5から登頂日に食べるもの。
②C4からC5に上がる時に食べるもの。
③C4に置いていくもの(今食べてる(笑))

選ばれし登頂組は・・・・・・・・・・

デナリ登山行動食②(登頂用編)
ルーティーン的な好物品。
・湖池屋カラムーチョ!
(この辛さが寒い身体に温かさをもたらすと信じてる。)
・COMOパン
 今回はクリームパンとソフトコッティーが選ばれました!
(やっぱりこのしっとり感はのど越し最高!カロリー高めで登山には嬉しい一品!コモパン)
・溶けないチョコM&M’s!
(まーこの寒さじゃーどんなチョコでも溶けんね)
・マカダミアナッツチョコー!
(第二の故郷・オーストラリアで食べ続けたマカダミアチョコ!アーモンドよりマカダミア派)
・KitKat
(一般庶民の高級チョコ(笑)、第三の故郷・中国で食べまくった)
・森永ミルク練乳
(日本の雪山やハード系の定番?普段全然食べないが、お守りがてらに1品)
・ハッピーターン
(アリヤスベストバイ3大銘菓の1つ。この絶妙な濃い目の塩加減とオイリーさ。作った方はすごい!)
基本せんべい系大好きです。
○三大銘菓:ハッピーターン、カール、かっぱえびせん
・ブラックサンダーミニ・イチゴ
(今回初選抜!どのような働きや喜びを与えてくれるか楽しみです)

※アーミーの方々からもっらった食料に入っていたから急遽メンバー入りした2品)
・ミックスナッツ
・シリアルバーChewy

グリナ これもC5用に持っていこっと。

ガイド兼登山用品プロの平川ガイドからオススメされた寝れない時はグリナ飲みナと(笑)


靴用カイロ、くつ下用カイロ、ハンドウォーマー(ミニカイロ)、貼る&曲がるカイロ(スマートオンパックス)そしてはるカイロ。
いろんなカイロ持ってきました。普段全然使わないカイロですが、今回は必要&重要です!
凍傷予防は絶対ですからね。

おっ!外が明るくなってきた!
テントから外へ出てみると

ちらっと青空!
ただデナリキャンプ5やその後ろの山頂方面はがっつり雲かかっていて強風そうやなー。
怖い怖い。


今日も下山予定者が余ったガソリンや食料の配布に各テントを回っていました。


ランチは、シャレおつな
ブラウニーチョコとアップルソース&レーズン

Armyからいろいろもらって急に食生活が山セレブ(笑)

そして、
やることないから〜。メンバーに本借りて。

高千穂〜有康っ♪読書〜はじめました・・・・♬

真面目の読んでいます。
なーんにも邪魔されるものも遮られるものも、気が散ることもなく、かな〜り集中できました。
受験勉強者は、デナリ来たらかなり良いかも!

さて、何の本を読んでいるでしょう〜か?

夕食は、Premavalla Spaghetti(春野菜のスパゲッティ)。
こんな極地の山奥で、イタリアン・パスタなんて、お洒落すぎでしょー。

すべて順調に行けば今日のデナリ登山DAY11の6月9日(金)が登頂日でした。
ただいま予備日を消化しながらの天気の回復待ち!
時間切れが先か!天気回復が先か!
予報では週末まで天気悪く、週明けのDAY14の6月12日(月)辺りから回復見込み。
祈るしかない!

デナリ登山ブログ

ソリが重すぎ・・・・腰砕けそう。Denali Expedition 2017 Day2(デナリBC7200ft~デナリIMC7000ft)

今日も晴天!

8時起床。

朝起きてまずすることは!
キレイな雪探し。
ビニール袋いっぱいに雪を詰めて、テント場へ戻りお湯つくり。
コッヘル鍋の倍雪を詰めても溶けると3分の1の量に。
SOTOガスのマイクロレギュレーター大活躍。
火力もバッチリで、風防ついてるし、沸きが早い!
他のガスヘッドに比べて3倍の速さ。朝、昼、夜と毎日かなりの時短となりました。

朝食は、サラミとチーズのサンド&Lipton TEA


荷物をまとめソリにしっかり載せてロープで固定。


ARE YOU READY!!!!

焼かない!焼きたくない!完全防備!
サングラスに装着するノーズカバー大活躍!
必需品です!

全員ロープで繋がって歩きます。
クレバスに落ちたりハマったりしても即救出出来るように、高千穂リードで歩きます。
大きなクレバスの場所はポールなどでマークしてくれていますが、BC〜C2ぐらいまでのクレバスたちは開いたり閉じたりの動きが激しく、大変危険です。とくに、ヒドゥンクレバス(クレバスに雪が被り、落とし穴のように見た目ではわからない)と呼ばれるクレバスがあちこちにポツポツ。
いつ誰が落ちてもおかしくない雪面。
不可抗力すぎて、ボーと歩いていると危ないし、常に注意しているのもシンドいし大変やわ。

いろいろな隊がロープにつながり登って行きます。

ランチは、日本から持参した「COMOパン」!
美味しさ長持ちパンは、デナリ登山でも健在!
完全防水のSEALSKINZグロープ!
完全防水で、外は濡れても中はドライ!大重宝しましたー。

荷物を2回分に分け進んでいる人達が多い中、私たちは1回で荷揚げを選択。重さでペースがかなり落ち、今日はC1まで行けず、IMC(Intermediate Camp/中間点キャンプ)にて、テントを張ることに。
Snow Sled(ソリ)歩行を試行錯誤しながら登る。
①ザックのウエストベルトにつける
②ザックの後ろにつける
③ハーネスベルトにつける
④ザックのショルダーベルトにつける
※Sledがクレバスや斜面に落ちない様に、本人とSledをロープでも確保が必要。
急な下りはSledを前に持ってくるのも有効。

最後の最後に私は④のにつけることが私にとっては楽ということがわかりました。

いくら「担がずソリに載せている、雪上だから滑りも良い」とは言え、共同装備入れ60kg以上引っ張る腰への負担が半端なく、いやー腰が砕けそうになりました・・・・・・。
2日目にして、即バテた(笑)

明日は、荷物半分をCache(キャッシュ)して、半分ずつ2往復してみよう。

テント設営して、さー、湯沸かしスタート!

21時すぎでこの明るさ(笑)
ヘッドランプはまったくもって不要です(笑)
逆にアイマスクが必要!

DAY2歩行時間
BC1100発・・・IMC(0,5Camp)1600着

デナリ登山ブログ