キリマンジャロ登山の装備について

まず、キリマンジャロの登山のポイントは5つ!
①高山病対策(酸欠にならないように腹式呼吸が大事)
②登頂日の防寒具(マイナス10〜マイナス20度)
③体力(登頂日は歩行10時間以上)
④睡眠不足
⑤食欲

山頂は氷河&雪

どこのルートからでもだいたい1600m〜1700mより登山スタート。
3000mぐらいまでは、夏用の登山服でOK。ジャングルを歩くので湿度も比較的感じる。
3000m〜4600mは天気にもよるが、夏服〜薄いジャケットかフリースや雨具があればOK。湿度はあまり感じない。
4600m〜山頂は、日中なら5〜10℃前後あるが、アタック開始は深夜。
一番寒いのは3時〜6時かな。普通の登山と違いゆっくり歩くので歩いて身体を温めることは不可と思ったほうが良い。なのでしっかりとした防寒の装備が必要。
カイロやテルモスにお湯など!

・速乾性Tシャツ(半袖)    x3
・ウールのTシャツ(長袖) x1
・保温性下着(上下)
・夏用山パンツ
・冬用山パンツ
・下着パンツ       x3
・ソックス(中厚・厚手・防水用)
・雨具上下(持っていればオーバージャケットとオーバーパンツが良い)
・フリース(厚手)
・ダウンジャケット(厚手)
・ニット帽
・ネックウォーマー(薄手)
・耳あて
・サングラス
・手袋(薄手とスキー用などの厚手)
・登山靴(4600mまではトレッキングシューズでもいける)
・ナルゲンボトル(ペットボトルは持ち込み禁止!ゴミ軽減のため)
・行動食(登頂日用に500カロリー以上)
・食欲不振になったときのために、非常食としてアルファー米とかフリーズドライ系かカップ麺など。
・ウォーキングストック
・アイゼン(6本爪以上)※山頂に雪がある際はステラポイントからウフルピークまで必要
・ヘッドランプと予備電池
・カメラ
・カイロ(登頂日2〜4使う。さらに+2〜4ぐらい)
・テルモス(山用テルモスが一番保温率高い)

広告

福岡県勤労者山岳連盟「海外登山の魅力にふれる」講座

今日は博多駅前の福岡朝日ビルにて、年に一度の福岡県勤労者山岳会連盟主催による「海外登山の魅力にふれる」講座です。

山口千絵子さんによるグレート・ヒマラヤトレイル1700km縦走

高千穂有康によるデナリ登頂

益森隆一さんによる マッターホルン登山

浦一美さん(九州アルパインガイド協会会長)による福岡登山会の海外登山の歴史

が行われました。

白夜の話や下山時のクレバス滑落注意のため夜間歩行を熱心に語る(笑)

海外初登山での苦労話やヨーロッパの良さの体験を話す益森くん

講座の後は、みんなで懇親会

盛り上がりました!
九大山岳部の須賀くんも参加。

福岡の山のメンバーと楽しい1日となりました。
大塚労山会長大塚三紀夫さん、副会長吉永直樹さん、県連常任理事溝尾幸一さんお世話になりました。
素晴らしい福岡交流会もありがとうございました。

高千穂ガイドブログ

高千穂の山その2、高千穂牛その2、高千穂峡、高千穂神社、高千穂町と高千穂ガイド

今日も高千穂三昧行きますよー!

今日の高千穂の山は「祇園山」
なんで京都じゃなくてここに祇園山?って思いますよねー。
登山口に看板があり山の名の由来が書かれています。

「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり」
平家物語の冒頭に一節として有名な祇園精舎は、 インドです。
仏教伝来と共に京都の東山の地に、「祇園感神院」が建てられました。現在は八坂神社と改称。
祇園感神院には、全国各地から多くの修験者が集まり、修行していました。 この祇園感神院で修行した修行者が、のちにここ祇園山の山頂に小屋を造り苦行を重ね、山麓には遥拝所を建て祈願していてその遥拝所が後に祇園神社となり、それに伴って山上が祇園山と呼ばれるようになったのがこの山の名前。
さー納得したところで登山開始〜!

いきなり急登です。
修行修行!!!(笑)

中腹は結構紅葉していますねー。

きれい〜。


周りの木々の葉っぱは落ちてるけど、この木だけきれいに紅葉して残っている〜。きれい〜!


足元には紅葉後の落ち葉が落ちています。

私も紅葉しています(笑)

さー最後の登り〜。

祇園山1307m山頂です。
九州百名山!

紅葉落ち葉道!
滑らないように注意〜!

下山後、楽しみのランチ〜!

高千穂牛レストラン和(なごみ)に予約を入れています。
レストラン和よりハンバーグは限定で数に限りがあるので、お昼に来て注文してもハンバーグはないかもしれないので事前オーダーをオススメと言われたので、登山前の移動時にオーダー。

1,高千穂牛ステーキのサーロイン
2,高千穂牛ステーキのロース
3,高千穂牛ハンバーグ

高千穂牛ステーキは、歯が要りません。噛まなくても食べれちゃいます。
高千穂牛ハンバーグは、食べ物ではなく、もう飲み物です。
口に入れたらとろけます(笑)

嘘じゃないですよー!

食べたらわかりますーーー!

伝説の種牛「安平号」とその母親の「きおふく号」のレプリカが店頭に置いています。
宮崎のスーパースター「安平号」は人工授精も含め22万頭もの子牛の親。ブランド牛の父ですー。

宮崎牛・高千穂牛が美味しいのもわかりますねー。

こういうレストランでは、ハンバーグ食べるのもったいない!
ステーキでしょー!

あーやばい。
まいうーのレベルを超えてる。

そして、高千穂峡へ。

約12万年前と約9万年前の2回に噴出した高温の火砕流堆積物が冷却固結し溶結凝灰岩となり、柱状節理が生じ、五ヶ瀬川の侵食によってV字峡谷となったものが高千穂峡。
高さ80〜100mにも達する断崖が7kmにわたり続いています。

天然記念物で国の名勝です。
そのメインの部分をハイキング。

一番の名所:
日本滝百選の真名井の滝(まないのたき)

柱状節理が長く続いています。

そして、高千穂最後は〜

高千穂神社へ。
高千穂のパワースポット開運三社の1つです。

高千穂18郷にわたる88社(高千穂八十八社)の総社だそうですが、他に高千穂信仰の神社って他に聞いたこと無いけど。

高千穂神社はなんと千葉にありました!

と、

高千穂を満喫して宮崎港へ。

宮崎カーフェリーにて神戸へ帰ります。

もう一回高千穂牛の紹介!
日本一の和牛「高千穂牛」
ぜひ食べに行ってくださいねー。

 

高千穂ガイドブログ

高千穂の山、ホテル高千穂、高千穂牛、高千穂焼酎&高千穂ガイド

南国・宮崎に到着〜。

ヤシの木茂ってて南国〜。
でも、雨で寒い(笑)

途中のサービスエリアでコモパン自販機見っけ!
みんなも「あっコモパン〜」
認知度高くて嬉しいですねー。

この写真にすごいものが映っています。

さてなんでしょう!

日本の国道2017年11月現在

今、日本には国道が1号線から507号線まであります。
500番代は8線しかないのです。
すべてが in 九州。
そしてここは503号線!
宮崎日向市から熊本阿蘇郡への道。

てっちゃんはいるけど、みっちゃんはいないのかな?
(鉄道男)(国道男)

今日は九州百名山・諸塚山へ。
国道503号線の飯干峠から車で10分ほど上った六峰街道沿いに登山口があります。

KEEN

キーン・ジャスパーからキーンターギーEXPへチェンジ。

山旅人体操

津森豊&浮田健一のダブル先生〜。

今回は、添乗員2名〜豪華版。

諸塚山は、古くから神山として旧高千穂郷の信仰の山。
山頂に多くの塚(墳墓)があると言われ「諸塚山」。
また別名大白山。
高天原時代の神を全部祭ったお宮という伝説があり、筑豊・英彦山、霧島・高千穂峰と並び、古くからの修験道の道場のひとつで、霊山と崇められていました。

1合目からスタート!
2合目がなくていきなり3合目、そして5合目、8合目。
1時間ちょい歩いて〜

諸塚山山頂でーす。

往路を下山。

KEEN ターギーEXPで快適に歩けました〜。

登山口の鳥居。

いやー神話や伝説の残る高千穂の山ですねー。

バスにて、高千穂神社と高千穂峡の間にある今日の宿泊地へ。

ホテル高千穂

ホテル高千穂です。

温泉も良いけど〜。
お目当ては〜!
じゃじゃーん

ホテル高千穂の夕食

豪華な夕食〜。

一番のお目当て〜。

高千穂牛

日本一の牛肉にもなった高千穂牛!

生でも食べれちゃうんじゃない?

ジュージュージュー

噛まなくて食べれる牛肉。
高千穂牛は、口の中でとろけます。

みんな大喜び〜。

本格焼酎高千穂

本格焼酎高千穂と本格的高千穂の高千穂コラボ!

まいう〜!

高千穂三昧
高千穂の山、ホテル高千穂、高千穂牛、高千穂焼酎、高千穂ガイド
高千穂五味ですねー。

高千穂牛の紹介
↓↓

ここで一句
高千穂で高千穂牛食べる高千穂は牛繋がりの丑年でした

高千穂ガイドブログ

 

Anchorage Ⅲ Winter boots

今日は大阪でビジネスミーティング。
東京、大阪、福岡から集まるが、みんな忙しいため11時ぐらいに集合後、数時間で集中会議。
そして夕方にはバラバラに。

キーンアンカレッジⅢのウィンターブーツです。
快適です。

高千穂ブログ