RouteBurn Track Trekking Day1 ⑥

スーツケースをホテルにデポして、2泊3日分の荷持と小屋で使うシーツも忘れずパッキング!

dsc01505

ラックスモアホテルのBuffet朝食。
おかゆ有り(笑)

dsc01506

LUXMORE Hotel 前で出発時の元気な写真一枚!
パシャ!

dsc01514
Ultimate Hikes社のGuided Walksに参加。
バスにて、テアナウからミルフォードトラックの船着き場のテアナウダウンズを越え、Divide pass(ディバイト峠)へ。
dsc01516

ルートバーントラックは一日最大40名しか入れません!
山小屋もMAX40名。
山小屋の大部屋でも4〜6名1室、各自ベッド有り。
山小屋というより、山の中の快適ロッジです。3食付き!

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-06-06-34-30
さて、今日から2泊3日のルートバーントラック縦走トレッキングへGO!

12km+3km

dsc01517
ディバイド峠にてランチ用のサンドウィッチを受取り、トイレを済ませ出発!
ルートバーントラックスタートの看板前(530m)にて記念写真をパシャ!
11時05分スタート。

dsc01518

ミルフォードトラックは山々を見ながらの谷底歩きですが、こちらは登山コース。
山好きは、ミルフォードトラックじゃなくてルートバーントラックの方が面白いですよ!展望もいいし!

dsc01519

途中いくつもの滝を通過します。
これらの滝の水はどれも飲めます!
Drinkable Water!

dsc01521

いい天気です!LOL

dsc01522

天気が良い日だけ案内するオプション!
Key Summitへ登ります!

dsc01525

すぐさま視界がひらけ、マウンテンパノラマが広がります!

dsc01532

登り20分ほどでキーサミット919m登頂!

dsc01533

パノラミックビュー!

dsc01544
BANZAI !

dsc01548

分岐まで戻ります

dsc01549

ガイドのELICIA

dsc01553

途中、倒木の下を抜けました。
地盤が岩盤で土が少ないため根っこが下に張れないので大雨で土が流され木も持って行かれたり、または斜面の大木は幹を根っこが支えられず倒木しているところもチラホラ。

dsc01554

ハウデン小屋に到着。
ここでランチタイム!

dsc01558

クィーンズタウンで並ばないと買えないバーガーショップFergburgerのサンドウィッチです。
まいうー!
でもボリュームすごい。
チョコカップケーキとりんごは食べ切れず持ち歩き。
Guided Walksは、スープやコーヒーのサービスもあり。

dsc01559

トイレもあります

dsc01561
KAZさんもKEEN!しかもTarghee 2で一緒(笑)

dsc01563

ルートはしっかり整備されていますのでとてもあるきやすい!

dsc01564

ここの水も、もちろん飲めますよ。
すごいでしょ!ニュージーランド。
水を大量に持たなくていいのはありがたい!

dsc01565

ニュージーランドバイオレット

dsc01566

ルートバーントラック
原生林の森でしょ!

dsc01568

屋久島ちっく(笑)
dsc01571

サウスアイランドマウンテン フックス グローブ
長い名前でしょ(笑)
直訳すると「南島 山 狐 手袋」
するとみなさんすぐ覚えた(笑)

dsc01569

明日超える山が見えた!

dsc01579

イヤーランド滝(落差178m)
うぁーお!
雨の日は水しぶきがルート上まで降り注ぎます(笑)
今日はまだ、穏やかでおとなしい(笑)

dsc01587
日本庭園みたいな川や滝があちこち。

dsc01588

おー!
低い鳴き声で「ホーホー」
ニュージーランドピジョン(大鳩)
なかなか見れないからラッキー!

dsc01590

ORCHARD (オーチャード)
シンガポールのメインストリートじゃないよ(笑)
リボンウッドの木々がりんごの木や桃の木や梨の木に見えることからこのエリアは「果樹園」と名付けられている。
ここから今日の宿マッケンジー湖の湖畔にある小屋まで下りメインであと1時間。現在16時40分。

せっかく登ったのにもったいないぐらい下っていきます。

dsc01591
マッケンジーハットが見えてきた!
ここも国立公園なので、人工物は目立たないように自然の景観を損なわないようなカラーリングの建物。

dsc01592

2009年に再建され、そのあと増築増築で現在の
マッケンジー小屋

dsc01593
17時40分無事到着です。
LAKE MACKENZIE LODGE 895m
あれ?ハット(小屋)じゃなくてロッジになってる。
失礼しました。そうね、今や小屋ではないと感じてはいたが。

部屋は4名部屋。二段ベッド1つとシングルベッドx2。快適!

夕食までの間、シャワーしたり、洗濯したり、ラウンジでコーヒーやビール飲んだりして過ごしました。

dsc01677

バスタオルも一人1枚ベッドの上に用意してくれています。
自然に優しいシャンプーやコンディショナーとボディーソープもあります。

ミルフォードトラックのロッジは早々とそうでしたが、ここルートバーントラックのロッジも、強力な乾燥室が出来ました。

そして

dsc01594

洗濯用のシンクと、手動の脱水機もありますよ。
グルグル〜ギューギュー、ジャー

日本人は洗濯好きです(笑)

 

夕食は3コース

dsc01597

前菜!
dsc01598

メインはチョイス出来ます。
今日は、牛肉ステーキ、白身魚、ベジタリアンの中から1つ。

dsc01599

Dinner風景

dsc01600

そしてデザートまでも!

食後は、ガイドから明日のコースの説明をスライドを使いながら

dsc01601消灯は22時。
そして明日の点灯は7時30分
各自ランチ作りが7時45分から

朝食が8時15分から

出発が9時30分!
ここマッケンジーからルートバーンフォールズまで11kmのコース
4−6時間の行程

高千穂ガイドブログ

広告