Mt. KHUMBILA is a sacred mountain.

Good Morning from Khumjung(クムジュン) Everest trail Nepal.
今日はトレッキング4日目。標高は3790m。富士山の山頂よりすでに高い!

こんなに大きな村・クムジュンがあります。立派な学校も立派な病院もあります。

クムジュンの村から聖なる山・Khumvilla(クーンビラ)がきれいに見えています。

クムジュンの村はナムチェバザールからシャンボチェを超え少し下ったところにある村です。

別名グリーンビレッジ。
ゴンパ(お寺)以外確かに屋根は緑で統一されている。

このクーンビラ山は聖なる山としてシェルパ族を始めとするこの山域の人たちの崇拝信仰の山です。
なので登山禁止の山です。

トレッキング2日目ベンカルを出てナムチェバザールへ向かう途中から見える山です。

そのマウント・クーンビラ
なんとなんと!
金比羅山(Konpira san )の語源の山!だそうですね。
聞いてびっくり知ってびっくり(笑)
言われてみれば「クンビラ」、「こんぴら」。
似てる。すごーい!(^o^)/

何度もここに来ていて、「クーンビラ」、「聖なる山」、「仏教崇拝」というキーワードは知っていても日本とつながりが有るなんて!しかも金比羅山!

いやー勉強になるなー。
次来たときのネタ一個ゲット。

今日も天気最高!

Trekking to Tenboche.
では、タンボチェへ向けて、トレッキング出発!

高千穂ガイドブログ

広告

Trekking from NAMCHEBAZAAR to KHUMJUNG day3

昨晩から雨が降り続き、私の部屋は最上階で屋根はトタンなのでずーと雨音は聞こえていた。
そして朝、パノラマルームに行くと、
夜中から雪に変わっていたんだー!!!

真っ白!
コンデの山が映える〜!

モーニングコーヒーでも入れよっと。

Mt. Kailash Lodgeのオーナー君

我らのポーターくん(一部)とその友達。

隣のロッジにはなんと!
小林ガイドと山旅人メンバーが泊まっています。

ナムチェの丘へ。
With KEEN

ナムチェの丘に到着したが、最初はエベレスト方面がガスって真っ白で何も見えなかったが、しばらく待つと、うーすっら遠くにエベレスト8848m(左)とローツェ8516m(右)が見えてきたー!

ナムチェの丘をおりて、博物館へ。

シェルパ民族博物館と登山博物館。
Pemba Norbu Sherpa氏のイケメン写真を拝見。

今日は、KHUMJUNG(クムジュン)村へ。
この先TembocheやGokyoへの巻道を通って行けば楽ですが、日本人が建てたエベレストビューホテルを観てみたいということでシャンボチェへの急登をジグザグと登りビューホテルに寄ってKhumjungへ参ります。

雪遊び(笑)

マーキング(笑)

ナムチェバザールの村が見えます。
すり鉢状に家が段々に建っています。

富士山より高いロッジ、EVEREST SHERPA RESORT(3841m)まで登ってきました。
ここから尾根を歩いてHotel EVEREST VIEWへ。

エベレストビューに着いた!
3880m!
中に入ってコーヒータイム!

残念ながら展望は全く見えず・・・・。
天気よければ、エベレストをはじめローツェやアマダブラムなどの山々が見えるのですが。
てか、寒すぎるホテル・・・・・・。
スタッフの対応も年々悪い・・・・・・。
まーほぼ1見さんばかりだろうけどー。噂が噂を呼ぶからねー。
しかも日本人が建てたホテルっていうネームバリューで日本人はみんな行きたがるけど、この対応じゃー二度と行きたくないというだろうなー。
宿泊客には良い顔するけど、茶飲み客は相手しないのかも〜。

ここからクムジュン村へ下ります。

クムジュンも真っ白!

ナムチェが表としたらここは裏。
しずかで人々もゆったりしていて優しい。
とてもいい村だけど、宿泊客はナムチェに持って行かれてるんだろうなー。

私達が今日泊まるロッジ!
BEYUL Lodge!
残念ながらWiFiの電波が今日は届いていないとのこと。
後ろに聳える山は、聖なる山クーンビラ!

ランチはチラシ寿司を作りました!

この酸味がなんとも言えない食欲を増進させてくれる!
何杯でも食べれるー。KKさん(笑)

My Office and Bed(笑)
シュラフ(寝袋)は持参です。

どちらかが春巻きでどちらかがアップルパイです。

高千穂ガイドブログ