幌尻岳登山 振内コース 〜渡渉ルート〜

幌尻岳
これも山をやっていない人は読めない難読漢字。
しかもあて字。

山名はアイヌ語で「大きな山」という意味。

ポロシリダケ。

日本百名山の中で、挑戦したけど登れなかった山のベスト5に入るだろう。
まーその登れなかった理由を難易度に置き換えると、下記のようないろいろな難易度があります。

①技術的難易度

②歩行距離的難易度

③アクセス的難易度

④季節・時期的難易度

⑤不可抗力(天候や地形)

くまさん荘からの朝の景色

爽やかな朝です。

今日、明日、明後日と天気は良さそうです!

今回のメンバーは去年からのリベンジ組なので、大喜び!

ホントに天気だけはどうしようもないですからね。

もうかれこれ10年近く前になるが、「今回が幌尻岳4回目!絶対登らせてね〜」と空港で会うなり言われた方もいた。

そう、ここ幌尻岳は難易度的にいうと、⑤の要素がMAXなのです。

予備日は使わずに行けそう〜!

豊糠山荘

旧豊糠中学が廃校になり、今は豊糠山荘となっています。

幌尻岳に登るには、ルートは2つ!

1、振内コース(額平川・渡渉あり)

2,新冠コース(渡渉なし)

1,振内コース
一般登山者は、シャトルバスを利用すると、第二ゲートまで入れます。
第一ゲートは施錠されているため、超えるには車は不可!徒歩となる。
また第一ゲート付近には駐車場的なところもないため、駐車場となるとこことよぬか山荘。
とよぬか山荘から歩くと第二ゲートまで21.6km!
登山口着いたらもうヘトヘトですね。

シャトルバス距離
幌尻岳シャトルバス運行位置図

ずーと砂利のほぼ平坦だが凸凹林道。

シャトルバス利用は、人数制限があります。
事前予約が必要です。
幌尻山荘ととよぬか山荘利用にも、予約が必要なので同時にどうぞ!

予約時に希望の往復便の時間も伝える必要あり!

平成29年・2017年版ですが、シャトルバスの時刻表!

とよぬか時刻表
幌尻岳シャトルバス時刻表

ガタゴト〜ガタゴト〜シャトルバス(マイクロバス)に揺られること約1時間。

第2ゲートの駐車場に到着。
仮設トイレと待機コンテナ小屋あります。

第2ゲートから引き続きのやや上りの林道を7.5km で北海道電力取水施設

 

額平川
額平川がかなり下に見える。

3時間で北電取水施設に到着。

ここにて休憩。

さて、この先から渡渉が、すぐ始まるわけではないのです!

さらに、沢沿いを約1時間歩いて第1渡渉ポイントに到着。
ここでランチタイム&装備を沢モードに変更タイム!

沢靴に履き替え、ヘルメット装着して、登山靴を仕舞って、ハーネス、カラビナチェックしていよいよ渡渉の始まりです!

沢は穏やかで、水量は少ない。
絶好の幌尻登山日和だー!
雪解けも含まれているから、水は結構冷たい。
さー幌尻山荘まで渡渉何回でしょーか!

1,2,3,4,5,6,7,8,9,10,11,12,
13,
14〜これも1本と数える?
いやこれは13のほんの支流だから数えず行きましょう。
14,15,16,17,18,19,20

そして〜21本目〜!

奥は深いぞ!冷たいぞ!

終わり〜!

距離として2kmちょい。の渡渉でしたが、道は渡渉してちょっと川沿いに歩いて、また渡渉で反対側へ渡って、川沿い歩いてとかなりクネクネ蛇行山行でもっとあるいたような気もしますがね。

幌尻山荘に到着。

今日はある意味、特別に渡渉が楽でしたねー。
かなり構えてきていたメンバーは、無事に渡渉を終えて大満足。
余裕すら有りました。

 

COMOパン
コモパン

ザックから食料など出して、今晩の夕食用、明日の朝用、明日の昼用の行動食、そして明日の晩用と明後日の朝用と!

コモパンだけ寄せていると、隣に愛知県の山のメンバーがいて、「コモパン?」知っとるだがや〜!と、会話が始まり、でもこのソフトコッティは知らなかったみたいで、興味津々。

食べてみてくださーい。
「コモの輪」広がっています(笑)

 

コモパン
ソフトコッティ

みんなの明日の行動食はコモパン(笑)

 

マウンテンハウス フリーズドライ
Mountain House フリーズドライ食

まだまだ有ります。Mountain Houseのフリーズドライ食。
かなり重宝!

北海道にいながらアメリカのフリーズドライ食を堪能。

これには、周りの人たちもこれまた興味津々。

今晩の夕食メニューは

LASAGNA ラザニア!

RICE & CHICKEN  ライス&チキン

BEEF STEW ビーフシチュー

 

アメリカンミックス!(笑)

 

さて、明日の予定。
元々はここ幌尻山荘に2泊の予定。
ですが!
今日の渡渉が思ったより楽だったのか(メンバーのレベルと言うより、額平川の水量がかな〜り少ないおかげがその楽だった一番の要因)明日登頂後ここに泊まらずそのまま下山出来るのでは?案が出てきました。
もちろん出来ますが、第2ゲートを17時のバスに乗るための逆算してみましょう!

万が一を考え16:30第2ゲート着で考えます。
今日は、第2ゲートから渡渉始まりまで3時間30分かかりました

そして、渡渉の繰り返しで幌尻山荘に到着まで2時間。

逆算式
16:30第2ゲート←←←13:00渡渉終わり←←←11:00/10:00幌尻山荘←←←7:10/6:45幌尻岳←←←2:30幌尻山荘

ということは、朝2時に起きて、2時30分に出発すれば幌尻岳登って、渡渉して第2ゲートから17時発のシャトルバスに乗れて、そのまま下山は可能ですよ。
そして降りて、くまさん荘!!に泊まることが出来るかも!

条件は
※2時に起きれるか?
※くまさん荘が空いているか?

高千穂ガイドブログ

広告

尾瀬ヶ原縦走

山ごはん
今日は、尾瀬沼から尾瀬ヶ原を縦走ハイキング。

朝食は、高千穂サンド!
サンドウィッチを韓国語で言うと〜!

パンに〜ハム〜はさむニダ〜!!!!

テントを撤収して、トイレを済ませ、出発!

燧ヶ岳と尾瀬沼

尾瀬沼・小沼
小沼への分岐

2日分の食料減って荷物は少し軽くなっていますが、テントやマット、寝袋、鍋やガスや残り2日分の食料はしっかり入っています。
KEEN バーサゴ背負って(笑)

白砂湿原を超え、白砂峠へ。
白い砂ないけど、白砂だらけ(笑)
ここで白砂賢一さんが出てきたらウケるけど(笑)

見晴の弥四郎小屋にてランチ休憩。

尾瀬ヶ原の向こうに至仏山がキレイに見えています。
右には景鶴山!

龍宮小屋にてトイレ休憩。

暑い〜。

至仏山バックにパシャリ!

そして、燧ヶ岳をバックにもパシャリ。
KEENバーサゴ、THULE、モンチュラのバックモデル撮影(笑)

山ノ鼻の至仏山荘前に着いたら、
あれ??

もしかして〜

シンガーソングハイカーの加賀谷はつみさん〜。

お久しぶりです。
こんなとこで会えるとは(笑)
みんなでゲリラライブを聞きました。

ここ山の鼻でテント泊。

良いキリ株見っけ!
この周りにテント設営。

今日の夕食準備っと。
水場はテント場の端にあり。

Mountain Houseのフリーズドライフードです。
Oriental Style Spicy Chicken & Vegetables with Rice
(オリエンタルスタイルのスパイシーチキン&ベジタブルwith ライス)。

フリーズドライ食とは思えんぐらい、美味しいでしょ〜!

フリーズドライ

Mountain House
まだ食べれる!
とのことでもう1食!
Mountain House
Chicken Teriyaki with Rice
マウンテンハウスのフリーズドライ食
キチンテリヤキも食べました〜!

740尾瀬沼小屋テント場・・・(尾瀬沼)・・・842沼尻・・・903白砂峠・・・1020/1130見晴・・・1200/1215竜宮小屋・・・1335山ノ鼻テント場着

高千穂ガイドブログ

旅の学校 〜《地球の眠り方・海外テント泊デビュー教室》

 

旅の学校 Travel school

今日は、エスティーワルド(STW)社主催の「旅の学校」講座を行いました。

旅の学校
地球の眠り方  海外テント泊デビュー教室

東京・渋谷校です。

 

テント装備 旅の学校

テント装備を持参して会場にセット。
お〜雰囲気出ますね〜。

 

旅の学校

テント泊の良さや、快適な過ごし方、テント泊で訪れた大自然や登山などを語っています(笑)

行動食の話しも〜しましたー。

日本のフリーズドライ

どれも美味しい〜。
種類も増えています。

アルファー米

私は、白米と五目御飯をよく使いますが、いろいろな種類のアルファー米のご飯も出ています。
賞味期限が4〜5年と長いので、防災用に家庭でストックしておくのもいいと思います。

お湯じゃなくても水からでも作れます。

そしてこれがアメリカのフリーズドライ。

FREEZE-DRYING OF FOOD

フリーズドライは英語ですが、アメリカではFREEZE-DRYING OF FOOD (フリーズ ドライング オブ フード)と言います。
INGがつくんですね〜。
Mountain House 社のものをみんなにちょこっと試食してもらいました。

 

Freeze drying food
Mountain House のRice Chicken

これがまた食卓に出してもいいぐらい美味しいんですよねー。

 

旅の学校

こんなレア企画を提案された時、え?STW社でその企画?
だれが来るのかなーと心配でしたが、多くの方にご参加いただき感激でした〜。
さすがSTW社!多種多様なお客さん持っています。

旅の学校

みんな興味津々ぶりには話し手も驚き!

STW・宮下綾乃さんが、モンゴル最高峰・オトコンゲル展望ハイキングのテント泊体験を話してくれています。

質問も飛び交い!
これから世界へ旅立つ人もいて楽しかったです。

次は海外ハイキングとかトレッキング話とか出来たらいいですなー。

Face book紹介文

〜・〜〜・〜〜・〜〜・〜〜・〜〜・〜〜・〜〜・〜〜・〜〜・
世界中の大自然をテント泊で楽しむ方法を、100カ国以上の山をガイドする高千穂先生の壮大なトークと共にご紹介しました!テントやアウトドア飯も登場して、悪天候の渋谷が絶景ベースキャンプになりました♪笑 ”大好きな自然を自分だけの宿にしちゃうテント泊の魅力”を感じて頂けましたでしょうか?!笑いのたえないアットホームな教室となりました!
ご参加頂いた皆さま、お越し頂き大変ありがとうございました。またお会いできる日を心待ちにしています♪ /STW宮下

旅の学校はいろいろな講座をやっています。
チェック

http://stworld.jp/feature/travel_school/

FBやっている人は、FB上でチェックできます。
チェック!

また、STW社は格安航空券、ダイビング、ウエディング、卒業旅行、そして世界への多種の旅行を取り扱っています。
↓↓
クリック

http://stworld.jp

高千穂ガイドブログ

デナリで般若心経ブーム? Denali Expedition 2017 Day12(天候待ち③・デナリC4(14200ft))

おはようございます。

今日の朝食はすご朝食!
まー左のシリアル&チョコパウダーはいつもと一緒。

右下のMountain Houseのフリーズドライがやばいー!
Scramble Egg & Bacon + Veg
なんと〜お湯を入れるだけで、ふぁっふあのスクランブルエックとベーコン&ベジがみごとに出来ています!

めっちゃうまい。
ミラクルフードだー!

朝からテンションは高いが、天候待ち③でございます。
まずは、天気予報ボードを見にレンジャーステーションへ。

天気予報ボード☀
C4(14200ft/4330m)
Today:降雪6〜12インチ(最大30cm)、気温:華氏20℃(摂氏−5℃)、南西の風35〜50MPH(風速15m〜22m)

Tomorrow:降雪<6インチ、15〜20℃、南風30〜45MPH

OUTLOOK:月〜水
Winds 25-45mph(風速11m-20m)
傘無理レベル~暴風域レベル

水曜ぐらいまで動けなーいなーこれ。
さー大変だ。予備日足りるかな?

ちなみに、この上のデナリキャンプ5は?
華氏-2°(摂氏-18度)、南風(風速:35Mph〜50Mph)(T-T).
しかもTomorrowの風速MAX70Mphって!!!!!

気温マイナス18度で、風速30mって体感気温最悪マイナス48度じゃん。
そりゃー

 

○気温:米国/℃(華氏)、日本/℃(摂氏)
ざっくり計算(華氏)ー30 ÷ 2 =(摂氏)
正確計算:(華氏)ー32  ÷  2 x 1.1 =(摂氏)
○風速:米国/MPH(時速)、日本/m/s(秒速)
MPHx0.44=m/s(秒速)
※風速についての説明は下記に!
○長さ:米国/Inch(インチ)、日本/cm
1inch=2.54cm

🍃≈風速についてin日本🌀
静穏 – 風速0.3m/s未満の風
3〜5m/s(軟風)木の葉や細かい小枝がたえず動く。軽く旗が開く
5〜8m/s(和風)砂埃がたち、紙片が舞い上がる。小枝が動く
10〜15m/s(やや強風 )大枝が動く。電線揺れる。傘はさしにくく風に向かって歩きにくい。
※10m/s(23MPH)傘無理
※15m/s(35MPH)歩行難
17〜20m/s(強風)小枝が折れる。風に向かっては歩けない。
※17m/s(40MPH)歩行不可、禁テント外出
20m〜25m/s(暴風域)人家にわずかの損害がおこる。煙突が倒れ、瓦がはがれる。
30m/s以上(台風🌀) 

今日も天気は荒れています。

 

 

ドンドン雪が積もってる(泣)
予報の30cm超えてる気がする〜。

finetrackテント、カミナドーム

予報通りの強風です。
風速15〜20mは吹いています。

風でテントが曲がってる〜。
がんばれ!fine trackのカミナドームテント〜!!!!

まさしく※17m/s(40MPH)歩行不可、禁テント外出。
誰も出てない。
その域を超え、20m〜(暴風域)人家にわずかの損害がおこる。煙突が倒れ、瓦がはがれる
現在の人家はテント。
finetrackのテントよ〜耐えろ〜。

ポールよー折れるなよー!

今日も1日テント内で過ごす。

 

いやーずーとすごい風やわー(恐)

なーんもすることないから
昨日読み終えたが、もう1回読むか〜。
そう昨日から読んでいる本はなんと〜

「般若心経」解読本
だったのです。

般若心経はじめました!

羯諦羯諦波羅羯諦
波羅僧羯諦
菩提薩婆訶
般若心経

今日またもう一回解説を読みます。
そして、解説を書いて解釈します。

デナリでのテントで学習するとは思ってもいなかったですがね。

ふむふむ。
なるほど!

いやー般若心経は深いですねー。
世の中「欲」まみれ

これ山降りる頃は仙人になってるかも(笑)

終えて、
いよいよ写経にはいります。

 

の前にランチタイム〜

ビスケットとパン & ドライフルーツ
肉が一切入っていない。
まさに精進料理

仏説 摩訶般若波羅蜜多心経
観自在菩薩行深般若波羅蜜多時照見五
蘊皆空度一切苦厄舎利子色不異空空不
異色色即是空空即是色受想行識亦復如
是舎利子是諸法空相不生不滅不垢不浄
不増不減是故空中無色無受想行識無眼
耳鼻舌身意無色声香味触法無眼界乃至
無意識界無無明亦無無明尽乃至無老死
亦無老死尽無苦集滅道無智亦無得以無
所得故菩提薩捶依般若波羅蜜多故心無
罫礙無罫礙故無有恐怖遠離一切顛倒夢
想究竟涅槃三世諸仏依般若波羅蜜多故
得阿耨多羅三貌三菩提故知般若波羅蜜
多是大神呪是大明呪是無上呪是無等等
呪能除一切苦真実不虚故説般若波羅蜜
多呪即説呪曰
羯諦羯諦波羅羯諦波羅僧羯諦菩提薩婆訶
般若心経

教えの最後には、全部般若心経を唱えなくても、
最後の2行部分を唱えるだけで全文唱えたと同じだけの意味があると書いていました。

羯諦羯諦波羅羯諦波羅僧羯諦菩提薩婆訶
般若心経
ぎゃーてぃーぎゃーてぃーはらーぎゃーてぃ
はらそぎゃーてぃー
ぼーじーそーわーかー
はんにゃーしんきょう

天気が回復しますように!

風が少し弱まった感じがしたので、オーバーブーツでトイレへ。
足埋まります。

同じくみんなポツポツテント外に出てる。
デナリ登山に来るような人たちは、テント内にじーとしていれるお方たちじゃないもんねー。

トイレを済ませて帰っていると、みんなテントが埋まっているので雪かきしています。

じゃー私も!

なんか、般若心経読んで、写経して、精進料理食べて、家まわりの掃除してって、やってることお寺の坊さんだ。

ファイントラックテント、カミナドーム

煩悩減らして、欲もなくなってきたかも(笑)
動けない、登れないことに苛立ちすらなくなってきた。
ケ〜セラッ〜♬セラ〜♪
ララララ〜ララ〜♬
ンンンンン〜ンン〜♬
ケセラ〜セラ〜!

テントに戻り、ボーと過ごす。
涅槃状態。

夕刻、私のテントの近くをゾリゾリとソリを引く音が聞こえる。
外に顔をだしてみると、けっこう大きな人数のグループが荷物を持ってゾロソロ降りているではないですかーーーーーー。

Fintrackテント、カミナドーム

話を聞いてみると、

「タイムアウト!」で登頂を諦め、下ると言うではないですか〜!
あと数日は天気回復が見込めないとの予報から判断した結果みたいです。
私達がデナリキャンプ4に最初に上がって来た日は、6月5日。
今日は6月10日。すでに5日経過。
私達が上がって来た時はすでに多くのテントがここキャンプ4に張られていた。
そしてこの5日間中、下から悪天の隙間をみて登ってきている人たちもいる。
キャンプ4は、かなりなテント村になっている。
ここから上は1日の好天では行けない!最低3〜4日必要。

AMSなどの現地発着のガイド登山は4日の好天が予測されない限り登らないという話を又聞きした。

天候、条件、決められた日数、限らた日数など、自分の不可抗力的なところでの撤退決定は、仕方ないとはいえ、みんな残念な思いで降りていることだろうなー。
私達メンバーの中でも予備日が全然違うので、これからの行動に支障が出てるく人もいる。
一番長く予備日を見てる私でさえ日程上5日。下りを2日分歩いたり、降りた後のBC滞在やタルキートナー泊、アンカレッジ泊を無くして、移動しまくっても、さらに3〜4日絞り出せるかどうか。
いろいろな意味で手強いなーデナリ山。

さて、さて本日の夕食は
みんなでシェア!
Mountain Houseのフリーズドライ、2種です。

豆とトマトソーススパ!

Primaveraマカロニ〜。
季節の野菜とマカロニ

メンバーで今日何シてた〜?
話しをしました。

私は般若心経を読んで、写経してと話したら。
メンバーの一人がなんと!
私、般若心経の絵手ぬぐいもってますー。

テントから手ぬぐいもってきた(笑)

面白い

てか、みんなすがるところは般若心経かいっ!

はい、みなさんもご一緒に天気回復をお願い唱えましょう!

羯諦羯諦波羅羯諦波羅僧羯諦菩提薩婆訶
般若心経
ぎゃーてぃーぎゃーてぃーはらーぎゃーてぃ
はらそぎゃーてぃー
ぼーじーそーわーかー
はんにゃーしんきょう

なんと!NHK隊「佐々木大輔スキーヤー大滑走」のカメラマンの一人も「般若心経」の本を持参していました。
みんなでどんだけ「般若心経」ブーム?と大爆笑でした。

しかし
20時からデナリ山の明日の天気予報をラジオ無線で聞きました。
まだ、唱えが足りんみたいです。

予報は雪&強風。
トホホ

デナリ登山ブログ