ラストDAY バイバイデナリ! Denali Expedition 2017 Day21(デナリBC〜タルキートナー)

8:30。
テントに差し込む日差しで目が覚める。

Sheldon AIR Serviceのベースキャンプマネージャーを探しにSASのテントへ。
1便目は他者で、2便目がインドネシア人と私達2名と3便目が私たち3名。それぞれに1時間〜1時間半の待ちがあると言われた。

天気最高!
風もそうない。
フライトは間違いなく今日飛んで来るな!

デナリ山はヒドイことになってるー

ドヒャー(*_*)
これC3ぐらいまでヒドイんじゃない?

眼がいっきに覚めたわ(汗)
Best wishes and Good luck for everybody.

デナリエアータクシー各社どんどん飛んできます。

なんと、Sheldon AIR SERVICE社は2機飛んできた。
慌ててテントたたんで荷物詰めて滑走路へ。


Seldon Air Service無事着陸。
タイヤの下にスキーの板履いています。

バイバイ~!デナリー!

氷河の末端っ!
バッキバキだー。

氷河が続いています。


デナリ国立公園上空。

無事にタルキートナー空港に到着。

荷物たち

SAS事務所内にあるデナリ山模型で再度、ルートを見てみよー。


デナリ国立公園レンジャーステーションへ。
下山報告とトイレ返却。

トイレ。お世話になりました。

今年の2017年のデナリ登頂者が237人に増えてる!
そしてパーセンテージは31%!
増えたとは言え全然低いなー。
デナリキャンプ4やデナリキャンプ5、そして山頂からもずーと見えていたFORAKER(フォーレイカー山)は今年の登山申請者は11人で登頂者0人。厳しい〜(泣)

よーしやー
ランチの希望は肉〜肉〜肉〜!
タルキートナーはシーズンを迎えていて、村は観光客や訪問者で、人だらけ!
ランチもあちこち混み混みで、待つのがいやで第一希望のビーフステーキ店は満席、第二希望のロードハウスも満席。
そして第三希望のポークリブ店に席の空きがあり!


迷いなくポークリブ店へ!
食いごたえ満点!
最初はうまいうまいと齧り付いていましたが、最後の方はちょっとパサツキ感が・・・・。

もちろん完食。


メンバー全員一緒の行動はここまで。

メンバー2人は、今晩の便でアンカレッジ発。ギリギリ間に合いました。この後シャワーを浴びて荷物整理して、電車にてアンカレッジへ向かい、駅よりタクシーにてアンカレッジ空港へ。

そしてメンバーの1人は大変残念なことに、登山の日程が遅れて、見越していた予備日を1日超えてしまい本日の19日の早朝便が元々の予定フライトだったが間に合わず。
ネットで明日の早朝便が取れました。
結構高額だったみたいですが、もうここは金額ではない!と言っていました。
本日このあとシャワーして、荷物整理をして電車でアンカレッジへ移動して空港へ。

私ともう一人は、奇跡的にも予備日をマックスに使った日程となり、スケジュールの予定通り今日タルキートナー、明日アンカレッジに泊まって明後日の早朝便で帰国の途へ。

みなさんさようなら(;_;)/~~~
Safe trip back!!!

Swiss-Alaska inホテル
またお世話になります(笑)
最初から最後までThank you!!
さー荷物干しと整理がこれまた大変!!!!

気づけば21時。
ランチのスペアリブ食べ過ぎってのもあって、あまりお腹空いていなかったが、あのステーキをもう一度〜。
急いで、ランチに満席で入れなかったビーフステーキ屋さんのTWISTER CREEK RESTAURANT  HOME of DENALI Brewing Coへ。

閉店1時間前の22時に駆け込みセーフ!

ラストオーダーと共にステーキー&アラスカ地ビール!!!!!!
めっちゃうまい!

\(^o^)/

22時55分。お店も締まり、さすがに誰も歩いていない、タルキートナーのメインストリート(笑)

デナリ登山ブログ

行くぞ〜デナリ〜! DENALI Expedition 2017 Day1(Talkeetna===デナリBC)

Good Morning!
朝、Sheldon Air ServiceのDavidに電話したら今日は飛ぶ!
とのこと。
待機2日が過ぎ、いよいよーでーす!!


お世話になったSwiss Alaska Innのオーナーとスタッフ

空港行ったら、1便目がすでに飛んだとのこと。
2,3便目が飛び!
第4便目のうちらの番です!
荷物の無料は一人125lb(ポンド)約56.8kgまで
1lb=0.454kg
共同装備入れたら、私の持ち分は、楽勝で160lb超え!!
きょえー!!!!!!
担げるかなー


装備とソリとトイレを積み込みデナリへGO!
14:30Take OFF

反省点:
ランチ食べ損ねた。
空港入る前にサンドウィッチでもなんでも事前に買っとくべきだったー。ランチ抜き〜お腹すいたー。待機中の飲み物も〜。

デナリ国立公園の樹林や湿地を一気に飛び越えます。
しばらくこの緑を見ることはないだろう!

前方に主峰・デナリ峰だー!
カッコイイな〜!


アラスカの最高峰であり、アメリカの最高峰であり、北アメリカ大陸最高峰のデナリ6190m!

雲の上にデーンと姿を現してくれましたー!
今回、初お目見え!
さーどーなるかなー。
フライトは約40分。

無事、氷河の上にランディング!
風もなく天気も安定!
スキープレインと呼ばれ、タイヤの下にスキー板を付けている特別なセスナ機。
AIR TAXI(空飛ぶタクシー)
高額ですが(笑)

着後、さっそくC1や途中まで荷物デポしに行く隊もいました。

機体から荷物をおろし、私たちはここランディングポイントのデナリBC(デナリベースキャンプ)7,200ft(2200m)に今日は1泊。
登山口からすでに雪上。

テント張って、荷物の再確認。


今日の夕食は、粉ポテト、ツナ缶炒、ブラウンライス。

日が沈まない北極圏直下。

さー2日遅れをどう取り戻すか?
それともここで予備日を使い2日遅れのまま行程をすすめるか?
うーん。体力や高度順応次第なところもあるのでなんとも言えな〜い。

デナリ登山ブログ

デナリ遠征2017 OMG! No flight to Denali for 2 days 待機二日目

朝食後、空港へ。


Sheldon Air Serviceの事務所のホワイトボードの順番は4番目のまま。

そして左下のClimber Stats 2017の数字は2日前の5月27日にレンジャーステーションで見た数字からちょっと変更あり。

登山申請者が3名増えての「1051人」

ただいま登山中は66人増えて「589人」
※27日に入ったり出た人たちだろうなー

下山者は23人増えて「154人」
登頂者は「20人」変わってない!?

登頂確率「13%」あー減ってる(焦)

私達の前に飛ぶ予定のアメリカ人パーティーやスイス人パーティー。

かなり荷物のパッキングは完璧だけど〜。

We are ready to  go!なんだけどねー。

初っ端から2日も飛ばないとは予想していなかった。

まートータルで予備日7日あるからまだ大丈夫。
なはず!(焦)

荷物だらけの倉庫(笑)
チームロシアは防寒具まで来て飛ぶ気まんまんだが、飛ばない。

待機

待機

待機

アメリカ隊は諦めてホテルへ。
スイス隊もパラパラ消える。

ロシア隊はここの庭にテント張って寝るらしい。

とうとう今日も飛ばなそうなので、私達も撤退。

またまたSwiss Alaska Innにお世話になります。

よーし!予報では明日から高気圧がガツーンと入って来て天気良さそう!!
じゃー今日はガッツリステーキ食うぞ〜!!!!!

アラスカンステーキ最高!!!!
グレイビーたっぷり

うっっまー\(^o^)/
今日も食いだめだー!


ただいま夜21時。めっちゃ白夜です(笑)

タルキートナー天気回復!
よっしゃー!
待機2日目終了

デナリ登山ブログ

デナリ遠征2017 No flight to Denali. 待機1日目

タルキートナ−は天気良し!


朝食は、ガッツリ〜Schnitzel(シュニッツェル)!

今回の利用エアータクシーは、Davidキャプテン率いる「Sheldon AIR Service 」です。

ホテルSwiss−Alaska Innに迎えに来てくれ、荷物を積み込み空港へ。
よっしゃー!
レッツゴー!

着後、Sheldon Air Serviceにて、手続き。
①レンジャーステーションでレクチャー後にもらった、入山番号やパーティー名を伝え、メンバー全員の個人データ記入。
②予備日も含めて最終戻り予定日を知らせる。(この日を過ぎたら、捜索に入るとのこと。
③レンタル品(ソリ(棒付きが良い)や購入品(ガソリン(gallon×人数+1予備)と竹棒(山中雪に埋めるデポ品の目印棒(12本/1セット)×2セット。)
④個々の体重と総荷物重量を量る。1人12,5pndsまでは無料。
⑤AIR TAXI代往復支払い
⑥不要な荷物は預け部屋に名前書いてデポ可能。
貴重品はグループ全員分1まとめにして、チーム名書いてスタッフに預ける。
山にはPPTもCashも何も要らない。

※ガムテープ系は棚に他のグループの余りなどがあって使えた。

さて、準備も終え私たちの予約は本日の第4便目
1便目すらまだ飛んでない
という。

現在、デナリBCは強風で着陸不可とのこと。
とりあえず、ここSheldon Air Serviceの倉庫にて待機。

待機

待機

あー今日は飛ばないという判断。
セスナのプロペラカバーしたままだしー。
トホホ

もう飛ばないなら空港にいてもしょうがないので空港を離れて、AMSへ。

AMS(アラスカ マウンテニアリング スクール ショップ)にて衝動買い。

そして、今日もSwiss-Alaska INNに宿泊。

空室があってよかった(汗)
朝のチェックアウト時に、もしかしてのもしかしてだけど〜、飛ばなかったらまたここに帰ってくることになるけど部屋空いてる?と確認済!

待機1日目。
まー飛んで、向こうで悪天候に初日から苦しむより、ここタルキートナーの町やホテルでゆったり過ごす方が体力的にも精神的にも楽でいい!
と楽観的に考えましょう!


と言いながらも(笑)
日数との戦いも考慮すると、初っ端からの待機にやや怒りのやけ食い(笑)

山に入るとこんな美味しいものは食べれないから食いだめだー!
ピザも食うぞ〜!!!!!!

白夜でいつまでも明るい北極圏直下。

でも雨パラパラ降ってきた。

明日もびみょーだなー(泣)

デナリ登山ブログ