8月11日とは? 山の日! & My Birthday!!

4年前に制定されて、去年から導入された8月11日山の日(祝日)

実家が山の中の福岡県英彦山神社。
名前が山の名前
仕事が登山ガイド
誕生日が山の日

の高千穂有康です(笑)

今日は、山と渓谷社と好日山荘主催の山の日イベント

山モリフェス

http://www.yamakei-online.com/yk/yamamori/

が神奈川県・丹沢で行われました。

ピーチクとパーチクを頭にのせた「ヤーマン」がお出迎え。

 

コモ
コモパン

COMOパンのブース

隣には、山専門旅行社・トラベルギャラリーのブースもありました。

バテない山の歩き方と行動食
登山講座

バテない山の歩き方と行動食
講師:高千穂 有康

始まるよ〜!

高千穂有康講師
バテない山の歩き方と行動食

天気が悪く、参加者集まるか心配していましたが、
立ち見席続出!ってほど多くの方々が参加してくれました。

話し甲斐ある〜━━━━(゚∀゚)━━━━!!

 

もうこれで、皆さん明日からバテずに山登れますね!(笑)

高千穂ガイドブログ

広告

大姑娘山登山2017③ ベースキャンプ(BC)3800m〜キャンプ1(C1)4500m

さ〜て、ベースキャンプ(3,800m)から第1キャンプ(4,500m)目指します!
【歩行約4時間/行動5時間】

荷物を馬に積み込みGO!

いやーめっちゃいい天気になった!

KEEN TARGHEE EXP mid
キーン ターギー EXP ミッド

皇帝イエローのTHULE ザック。
良い色でしょ!
トレッキングシューズは、キーンのターギーEXP
渋めの色なので、紐は赤にしました!

あの丘超え、さらに一山超え、C1へ。

エーデルワイス

エーデルワイスの群生地

 

馬さんありがとう!
この方は楊さんです。

どこをどう歩けば、花を踏まずに歩けるか?

パノラマな景色〜!

シソ科イヌゴマ

 

ロフォフォルム
Lophophorum

ゆり科の花です。
学名はロフォフォルム。
花ビラのさきっぽがつながっていて、「チョウチンユリ」とも呼ばれています。

ミヤマリンドウ
深山竜胆

ミヤマリンドウ

 

そして〜>
時期的にちょっと遅いけど、
1株、2株ではなく、群生を見つけてみんな大喜び〜。

 

チベットアツモリソウ

アツモリソウです!

観てみたい高山植物5の常にトップの1つですもんね。
わざわざ、礼文島に観に行きますねー。

〜〜観てみたい高山植物〜〜

薄雪草(エーデルワイス)
コマクサ
アツモリソウ
オオヤマレンゲ
キタダケソウ
ヒコサンヒメシャラ

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

〜〜 超レア高山植物 海外編 〜〜
青いケシ
ゲンチアナ ウルヌラ(四角葉リンドウ)
ボンボリトウヒレン(サウスレア)
セイタカダイオウ
ヘリアンフォラ(食虫植物)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

和名の由来
アツモリソウは袋状の唇弁を持つ花で、その姿が武士の「七つ道具」の一つ母衣(ホロ)に見立てられつけられたとの説。

で、いろいろな武将がいる中、なんで平敦盛なんだろう?

アツモリソウの一種でクマガイソウがある。
和名の由来は平敦盛熊谷直実
平家物語の源平合戦

一ノ谷の戦い
で、熊谷直実が涙ながらに平敦盛の首を切ったという名場面として、能、文楽、歌舞伎で題材となっていますもんね。

それが、アツモリソウとクマガイソウで対をなしている!
すごいなー。

ただ!
中国語ではさすがに敦盛草とは呼ばず、

大花杓兰(ダーホアビァオラン)
「兰」は「蘭」

 

 

キジムシロ

 

Lamiopholomis rotata

フロミスロターター
葉っぱのすぐ上から花が出ているみたい!
首なしフロミス!
これもフロミス!
フッロ〜ミスッ♬

KEEN TARGHEE EXP mid
キーン ターギー EXP ミッド

キーンブログ用にお花とキーン。


サクラソウ、フウロソウ、キジムシロ。

なんと素晴らしい景色。
こんなところに空中ブランコがあったらなー。

みんなはフーフーハーハーでそれどころではないらしい。

大姑娘山山頂部分が見えてきたー!

明日の今頃はあそこですね〜!
みんなが一気に不安がる。

お花に励まされながら歩く。

途中でランチタイム!

高千穂料理

高千穂サンドウィッチ!
パンに〜ハム〜ハサムニダ〜!

ツツジ

これで、ここはスイスでもチロルでもないけど、ヨーロッパアルプス3大名花すべて見れました。

エーデルワイス(薄雪草)、ゲンチアナ(リンドウ)、アルペンローゼ(ツツジ)

そして、私達が探しているのはもっとレアな高山植物〜!

パーブルポピー

ブルーポピーの紫

ブルーポピー

青いケシ〜!
いや〜感動〜!!!!!(;_;)/~~~

ノミノツヅリ

 

大姑娘山

大姑娘山だー!
山頂から肩に雪がしっかり残っていますねー。

杜鹃花

シャクナゲ
日本で漢字で書くと石楠花。
中国からの漢字だそうだが、中国ではシャクナゲはそう書かない。
中国語では、シャクナゲ=「杜鹃」、
シャクナゲ・シャクナゲの花=「杜鹃花」(ドゥージェンホア)

中国ではツツジ系全般「杜鹃花」と読んでいます
「杜鹃」は鳥のホトトギスという意味にもなる。

幅広っ!

黄色いケシ!
青の倍ぐらいの大きさ。
大きな花で目立つ!

 

紫ポピー!


大姑娘山のキャンプ1(アタックキャンプ)のテント群が見えてきた〜!

アライ テント タフライズ
ARAI TENT TOUGH RAIZ

無事にキャンプ1到着〜。

MC630、BF730、※830荷物出し(馬バッグ、シュラフ)、
900ベースキャンプ発・・・1100/1130昼食BOX・・・1400キャンプ1到着。

 

午後で曇ること多いけど、大姑娘山山頂がまだバッチリ見えています。

そして、テントはすでにキレイに設営されている!

アライテント タフライズ
ARAI TENT TOUGH RAIZ

じゃじゃ〜ん

今日の高千穂料理は!

高所で、寒い夜だから〜

ジャガイモ、玉ねぎ、ニンジン、キャベツを軽〜く炒めてお湯を注いで、出汁で味付け。

イングリディエンツを投入したら完成!

圧力鍋でコシヒカリご飯を炊いたら〜。
標高4,500mでも全然美味しく炊ける〜。
圧力鍋なかったら間違いなくゴチゴチご飯になるんだろうな。
恐るべし圧力鍋!

出来た〜!

電気はないのでヘッドランプでディナー。

今日の夕食はスープカレーごはんです。

食事中
ポツポツとテントに雨が当たりはじめました(>_<)
ちょっとした小雨でもテントに当たるとすごい音がしますからね。
食べ終わってもまだちょっと降っているぽいので、ちょうど良いので、そのまま夕食後、パルスオキシメーターで数値を計って、明日の登頂の最終アドバイス。

行程=
ここC1からスレート状の雲母岩板&もろいのでガレガレのルートが山頂まで続く。
ヘッドランプを点けて(約1時間)、出発。
とりあえずのコル(鞍部)までの登りがジグザグとはいえ、一番しんどい。コルまでの20〜30分アプローチが急登。
(合計:2時間〜2時間30分)
そこからは標高が高い分呼吸は苦しくなる一方だが、ルートや足場は多少良くなり、30分〜45分で山頂直下の雪原に出る。
すると後は目の前に見えるジグザグの登りを30分!とにかくひたすらに腹式呼吸をマックスにして足を止めずに歩けば、5000m峰大姑娘山の山頂!

登頂装備=
防寒具・・・フリースと雨具。ニット帽、首にはバフ、手袋。
水分・・・C1〜山頂の往復分で1.5L〜2L。内お湯が300ml〜500mlあるとよい。
行動食・・・5〜6時間歩くので、最低1食分は必要。
荷物・・・軽量化!

急に、ガイドのミンミンが「虹が出ていますよ〜」と教えてくれる。
ほぼ話も終わりかけで、テントにポツポツと雨が当たっている音もしないので、外に出てみると

虹がキレイに出ていました。
確かに虹は虹だけど〜

よく見なくても

ダブルレインボウ
Double Rainbow

オーマイガッーーー

なんと

ダブルレインボー

じゃ〜ん      (゜o゜;

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
虹が二重〜〜

奇跡の一枚!

見ていてもしばらく消えない!
よしっ!せっかくだから記念写真を撮ろうと思いつく。
フォトジェニック〜ナイスアイディア。
でそういえばよく、外国で日本人グループの雨具はカラフル。
「チームレインボーだ」と言われることがある。
というのを思い出して、上着が被らずに並んでみましょうと提案して、慌て気味にチラッとみんなの上着のカラーを見て並び替えしようとしていると、重要なことに気づいて。

なんと〜
うちらが
 
 ン   カ ラ ー

 

 

だー!!!!!!!!!!!!!!
マジで〜!!!!!!
20人いて選ばれた6名じゃなくて、6名しかいないのに見事にレインボー!

バンザーイ\(^o^)/

カラーリングが虹色
Rainbow color

ということは?
ダブルに+1の

世界初?


ト リ プ ル
 
イ  ボ ー 

アライテント タフライズ
ARAI TENT TOUGH RAIZ

あまりに騒ぐから、上のテント場のアルパインツアーのお客たちも外に出てきて虹を見出した。

奇跡の一枚
Rainbow and Rainbow color

上から撮ってもらった一枚をもらいました。

もうこの時はダブルは消えていたみたいですが、めっちゃいい写真ですよねー。

このキレイな虹とキレイなカラーリング最高ですね。
ほんとに奇跡の一枚!

一気にというか何事もなかったかのような、晴天。
さっきの雨音はなんだったんだろう?

 

大姑娘山

大姑娘山がキレイに見えています。

 

大姑娘山パノラマ

 

明日の登山道

あそこの鞍部までが、まずはの目標!

 

アライテント タフライズ
ARAI TENTS TOUGH RAIZ

うぁー夕焼けしてきた〜with アライテント

明日の行動食を配る。

 

COMOパン
コモパン

コモパンWith 大姑娘

日が落ちると一気に寒くなってきた。

キッチンで暖を取っていた。

さーいよいよ明日!
5000mへ!

高千穂ガイドブログ

中国・大姑娘山爬山 と 四姑娘山フラワーハイキング

中国・大姑娘山爬山

爬山(パーシャン)は中国語で登山の意味。

登山(ダンシャン)でも意味は通じるが、一般的には登山という漢字より、爬山が一般かな中国では。

大姑娘山は、姑と嫁のセットで申し込まなければ行けないツアーです。

ってわけではありません(笑)

大姑娘山の読みはタークーニャンサン。

「姑娘」とかいて、「娘さん」という意味(笑)

「大」は、まんまの大きいとか、上っていう意味で、

「大姑娘」=「長女」という意味になります。

今回は、四姑娘山連山の大姑娘山登山です。

中国では末っ子が大きい扱い。
日本だと上が大きいイメージをもっていると思うけど。

羽田空港から一人で関西空港へ。

今の時代はなんでも便利ですねー。
スマホでGoogle検索したら自分の予定やフライトまで瞬時に教えてくれます。

(メールでのやりとりが反映されます)

チェックインも画面見せてスムーズ。
ホントにペーパーレスです。

では〜、関西空港へ!

キーン、ターギーツーミッドEXP、THULE
スーツケースのタイヤが〜取れた。(泣)

靴はキーンターギーツーミッドのEXP、ザックとダッフルバッグはTHULEです。

そして、その先の国際線もこの通り。
Eチケットを保存していたので、スマホの画面に出てきます。

発着時間のみならず、飛行時間、飛行距離マイル
機材まで〜!!!!!ウッホー。

記憶不要。
記憶力が日々低下していっていること間違いない気がする(泣)

大姑娘山ツアーは私、高千穂有康が同行。
四姑娘山ツアーは馬場康法(ババヤスノリ)ガイドが同行です。

馬場さんは私のことをアリさんと呼びますが、私は馬場さんのことを馬場さんと呼びます。
親しく下の名前を呼んだとすると「ヤスさん」。なんか自分で自分の名前を呼んでるみたいになるから。

なので、これはアリ・ ババツアーの第一弾なのです。

AIR CHINA
中国国際航空

まーまーそんなことは良いとして、
それでは中国・四川省・成都へ行ってきまーす。

去年は、到着が4時間遅れたが、今年は大丈夫でした。

高千穂ガイドブログ

THULE 展示会

池袋のサンシャインとなりの文化会館ビルにてアウトドアメーカーの合同展示会がありました。

THULE Sweden 〜BRING YOUR LIFE!
車の上のルーフに付けるカーキャリア、登山やバックパッカー用のバックパック、カメラやパソコンや書類などを入れれる優れもののバッグやカバン、ベビーカーなど生活上の移動が商品です。

THULE
日本語では「スーリー」で定着してきていますが、
Swedenでは「トゥーレ」「ツーレ」と呼ぶ。

THULEの元々の意味は、ギリシア・ローマ時代に知られた伝説上の極北の島がTHULE。
中世の間、トゥーレの名前はグリーンランドやアイスランドなどを意味するのに使われていたみたいです。

日本語で言えば、幻の地、伝説の理想郷、「ガンダーラ」みたいな?
ステキな名前ですよねー。

 

カメラバッグやビジネスマンバッグも商品いっぱい。

ザックやビジネスバッグでお世話になっています。
めっちゃめちゃ使いやすいです。

Back pack
THULE VERSANT

50リッターから70リッターまであります。
スーリーザック(バックパック)

Thule business bag

ビジネスバッグ
パソコンも入り立体クッション内蔵

THULE CAR CAREER


カーキャリア

などなど。

どこでも走れるベビーカーも(笑)

高千穂ガイドブログ

尾瀬ヶ原縦走

山ごはん
今日は、尾瀬沼から尾瀬ヶ原を縦走ハイキング。

朝食は、高千穂サンド!
サンドウィッチを韓国語で言うと〜!

パンに〜ハム〜はさむニダ〜!!!!

テントを撤収して、トイレを済ませ、出発!

燧ヶ岳と尾瀬沼

尾瀬沼・小沼
小沼への分岐

2日分の食料減って荷物は少し軽くなっていますが、テントやマット、寝袋、鍋やガスや残り2日分の食料はしっかり入っています。
KEEN バーサゴ背負って(笑)

白砂湿原を超え、白砂峠へ。
白い砂ないけど、白砂だらけ(笑)
ここで白砂賢一さんが出てきたらウケるけど(笑)

見晴の弥四郎小屋にてランチ休憩。

尾瀬ヶ原の向こうに至仏山がキレイに見えています。
右には景鶴山!

龍宮小屋にてトイレ休憩。

暑い〜。

至仏山バックにパシャリ!

そして、燧ヶ岳をバックにもパシャリ。
KEENバーサゴ、THULE、モンチュラのバックモデル撮影(笑)

山ノ鼻の至仏山荘前に着いたら、
あれ??

もしかして〜

シンガーソングハイカーの加賀谷はつみさん〜。

お久しぶりです。
こんなとこで会えるとは(笑)
みんなでゲリラライブを聞きました。

ここ山の鼻でテント泊。

良いキリ株見っけ!
この周りにテント設営。

今日の夕食準備っと。
水場はテント場の端にあり。

Mountain Houseのフリーズドライフードです。
Oriental Style Spicy Chicken & Vegetables with Rice
(オリエンタルスタイルのスパイシーチキン&ベジタブルwith ライス)。

フリーズドライ食とは思えんぐらい、美味しいでしょ〜!

フリーズドライ

Mountain House
まだ食べれる!
とのことでもう1食!
Mountain House
Chicken Teriyaki with Rice
マウンテンハウスのフリーズドライ食
キチンテリヤキも食べました〜!

740尾瀬沼小屋テント場・・・(尾瀬沼)・・・842沼尻・・・903白砂峠・・・1020/1130見晴・・・1200/1215竜宮小屋・・・1335山ノ鼻テント場着

高千穂ガイドブログ

ラストDAY バイバイデナリ! Denali Expedition 2017 Day21(デナリBC〜タルキートナー)

8:30。
テントに差し込む日差しで目が覚める。

Sheldon AIR Serviceのベースキャンプマネージャーを探しにSASのテントへ。
1便目は他者で、2便目がインドネシア人と私達2名と3便目が私たち3名。それぞれに1時間〜1時間半の待ちがあると言われた。

天気最高!
風もそうない。
フライトは間違いなく今日飛んで来るな!

デナリ山はヒドイことになってるー

ドヒャー(*_*)
これC3ぐらいまでヒドイんじゃない?

眼がいっきに覚めたわ(汗)
Best wishes and Good luck for everybody.

デナリエアータクシー各社どんどん飛んできます。

なんと、Sheldon AIR SERVICE社は2機飛んできた。
慌ててテントたたんで荷物詰めて滑走路へ。


Seldon Air Service無事着陸。
タイヤの下にスキーの板履いています。

バイバイ~!デナリー!

氷河の末端っ!
バッキバキだー。

氷河が続いています。


デナリ国立公園上空。

無事にタルキートナー空港に到着。

荷物たち

SAS事務所内にあるデナリ山模型で再度、ルートを見てみよー。


デナリ国立公園レンジャーステーションへ。
下山報告とトイレ返却。

トイレ。お世話になりました。

今年の2017年のデナリ登頂者が237人に増えてる!
そしてパーセンテージは31%!
増えたとは言え全然低いなー。
デナリキャンプ4やデナリキャンプ5、そして山頂からもずーと見えていたFORAKER(フォーレイカー山)は今年の登山申請者は11人で登頂者0人。厳しい〜(泣)

よーしやー
ランチの希望は肉〜肉〜肉〜!
タルキートナーはシーズンを迎えていて、村は観光客や訪問者で、人だらけ!
ランチもあちこち混み混みで、待つのがいやで第一希望のビーフステーキ店は満席、第二希望のロードハウスも満席。
そして第三希望のポークリブ店に席の空きがあり!


迷いなくポークリブ店へ!
食いごたえ満点!
最初はうまいうまいと齧り付いていましたが、最後の方はちょっとパサツキ感が・・・・。

もちろん完食。


メンバー全員一緒の行動はここまで。

メンバー2人は、今晩の便でアンカレッジ発。ギリギリ間に合いました。この後シャワーを浴びて荷物整理して、電車にてアンカレッジへ向かい、駅よりタクシーにてアンカレッジ空港へ。

そしてメンバーの1人は大変残念なことに、登山の日程が遅れて、見越していた予備日を1日超えてしまい本日の19日の早朝便が元々の予定フライトだったが間に合わず。
ネットで明日の早朝便が取れました。
結構高額だったみたいですが、もうここは金額ではない!と言っていました。
本日このあとシャワーして、荷物整理をして電車でアンカレッジへ移動して空港へ。

私ともう一人は、奇跡的にも予備日をマックスに使った日程となり、スケジュールの予定通り今日タルキートナー、明日アンカレッジに泊まって明後日の早朝便で帰国の途へ。

みなさんさようなら(;_;)/~~~
Safe trip back!!!

Swiss-Alaska inホテル
またお世話になります(笑)
最初から最後までThank you!!
さー荷物干しと整理がこれまた大変!!!!

気づけば21時。
ランチのスペアリブ食べ過ぎってのもあって、あまりお腹空いていなかったが、あのステーキをもう一度〜。
急いで、ランチに満席で入れなかったビーフステーキ屋さんのTWISTER CREEK RESTAURANT  HOME of DENALI Brewing Coへ。

閉店1時間前の22時に駆け込みセーフ!

ラストオーダーと共にステーキー&アラスカ地ビール!!!!!!
めっちゃうまい!

\(^o^)/

22時55分。お店も締まり、さすがに誰も歩いていない、タルキートナーのメインストリート(笑)

デナリ登山ブログ